GARDEN QUEST 〜ガーデンクエスト〜ガーデンデザイナーの愛と勇気の冒険の記録

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    修道院へ 09:00
    0
      フィレンツェで鈍行列車に乗り換えて数十分。その駅から車で小一時間ほど山へ登ったところにその修道院はありました。(まだ動いていない案件なので、こんな書き方をします)

      フィレンツェの車窓から。畑の中の木は全てオリーブです!


      こちらの院と商談をスタートした際からウエブサイトではその外観は見ていましたが、実際目にすると(アマレッリ本社の時もそうでしたが)、「すごいところに来てしまった」に尽きます。でもこんなワクワクを体験できることに感謝感謝です。


      -西暦1641年-


      院内は写真の公表が不可なところが多かったのですが、こちらはokの出た当時のキッチンです。竈(かまど)的な役割をしていた設備です。現在は特別な日に火を入れるそうです。


      当時の酒樽。テラコッタです。


      新しいものを海外から輸入するのはとても大変ですが、この修道院の歴史と彼らの情熱、そしてなによりも商品そのものに惹かれたため、挑戦してみます。



      ciao!
      | ITALIA 2014 winter | comments(0) | trackbacks(0) | posted by suga -
      フィレンツェ 11:37
      0
         今回の渡伊の目的の一つはフィレンツェのある修道院へ行くことでした。
        (朝は激しく混むので)事前に駅で切符を購入し、ヴェネツィアからフィレンツェまで日本の新幹線のような列車で行ってきました。
        座席も良く、客層も高めで気持ち良い時間でしたが、ボローニャで雪が降り出し一抹の不安が。
        幸い長いトンネルを抜けると青い空が広がっていてフィレンツェは快晴でした。

        院への訪問は次回にするとして、フィレンツェの写真をご紹介します。
        まずはドゥオーモ。ビューを楽しみたいとすぐ裏の格安ホテルの最上階に宿泊したのですが、部屋の雨戸をあけるとこの景色。雨戸を開け放って一晩を過ごしたのは言うまでもありません。


        翌朝
        これも楽しみにしていました。屋根から突き出た数え切れないほどの煙突から登る煙が印象的でした。いいなあ。


        ドゥオーモはてっぺんまで登ることができます。




        そしてフィレンツェ名物のランプレドットを食べにメルカート(市場)へ。


        こちらには日本人の方がスタッフをしているお店もあるのでお勧めです。
        Nerboneのランプレドット、最高です。


        途中食料雑貨店ではアマレッリの商品も並んでいました。


        アマレッリの新商品が近日入荷予定ですので、こちらもどうぞお楽しみに。

        ciao!




        | ITALIA 2014 winter | comments(0) | trackbacks(0) | posted by suga -
        イタリアへ 21:24
        0
          一年ぶりにイタリアに来ています。
          娘の送り迎えの途中にあるブドウ畑。これと冬のポプラ並木を見ると「帰ってきた」と実感します。


          太いレンガ門柱は相変わらず好きです。


          広場でのマーケット


          薬局のショウウインドウ。素朴ですが好きです。


          たとえ小さな町でもしっかりした教会があり、本当に美しい。
           

          イタリアの空気を満喫してきます!
          a presto. ciao!


          | ITALIA 2014 winter | comments(0) | trackbacks(0) | posted by suga -
          | 1/1 |