GARDEN QUEST 〜ガーデンクエスト〜ガーデンデザイナーの愛と勇気の冒険の記録

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    Story10 Amarelli Show Room Napoli 21:49
    0
      2月はイタリアへ滞在していました。
      いくつかの商談の中でも今回の渡伊の目玉のひとつが、昨秋ナポリにオープンしたアマレッリのショウルームへ赴くことでした。
      カラブリア州・ロッサーノにある本社・博物館とは違うコンセプトのこちらのショウルームは、海沿いの高級ブティックが並ぶ地区にあります。
      ドアを開けて一歩店内へ入ると、そこはアマレッリの世界観が存分に発揮された素晴らしい空間が広がっています。
      そして目を見張るのがその商品数です。現在当社がお取り扱いをしている以外の商品もありますし、イタリア国内限定商品もあります。

      商品の説明を受けながら感じたのは、新商品を開発する際の、リコリスのバランス(配合比)へのアマレッリの並々ならぬ熱意です。
      なるほど来月に当社にて日本初上陸する予定のチョコレートリコリス2種ももちろん、リコリスとチョコのコンビネーションもまさしく秀逸で、舌に残る余韻に浸り続けていたいために試食へ伸びる手を止めるのが大変なほどでした(笑

      以下、店内をご紹介します。

      ショウルームエントランスより
      店内は喧噪の街中とは全く違った雰囲気を醸し出しています。思わず中に引き込まれます。



      商品のパッケージがどれも素敵なので、並べるだけで壮観です!


      radici -根- を使ったライトアップはとてもかわいらしいです。左の機械は昔のジェラートメーカーです。どなた様かリコリスジェラートを日本の皆さまに紹介しましょう!


      こちらではイタリア国内限定商品のご購入も可能です。


      ご存知プレーンキャンディのBRONE AMARELLI(左)、 スターアニス風味のBLUE SKY


      GIFT GIFT GIFT ! 当店でも近くギフトラッピングサービスをスタートしたいと思います。


      今回も忙しい合間を縫ってファミリーが会いに来てくださいました!
      アマレッリのリコリスが日本へ広がっていることをとても喜んでいらっしゃいます!




      店内の雰囲気を感じていただけたでしょうか。
      リコリスチョコレートの発売をどうぞお楽しみに!


      grazie
       
      | the story of Amarelli(アマレッリ) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by suga -
      The story of Amarelli #9 -the story of Gum Arabic, the story of Assabesi- 16:23
      0
        グミの発売を記念して、アラビアガムと、スターアニス味のAssabesi(アッサベシ)にまつわる話をご紹介します。
        アマレッリのみならず、イタリア全土に大きな影響を与えたある出来事が、アッサベシという商品名には込められているのです。

        グミの原材料をご覧ください。アマレッリのグミ特有の噛みごたえのある柔らかみ、これにはアラビアガム(Gum Arabic)が使われています。



        1884年、トリノで開催されたエキシビジョン(博覧会)に初めてアフリカ人が招かれました。これが当時のイタリア人がアフリカ人を見たほぼ初めての時だったそうです。何もかもが違う彼らにイタリア人はとても驚き、大いに興味を抱きました。
        そしてこの時、スーダンからはアラビアガムが、アッサブ(Assab・現エリトリアの港湾都市)からはスターアニス(八角)がイタリアの地に上陸したのです。



        これらの原料をアマレッリはグミやフレーバーに採用しました。彼らへの祝福の意を込めるため、彼らの地名を使った商品が誕生しました。それがAssabesiです。
        もちろん、グミもキャンディーやパウダー、ソルト、塩と同じく、材料全てが天然原料で、フレーバーも地中海原産のものしか使用していません。
         
        地中海を挟んだヨーロッパ大陸とアフリカ大陸・中東は、古くより活発な交易がなされていました。
        その歴史の1ページには、こんなストーリーも入っているのですね。


        grazie

         
        | the story of Amarelli(アマレッリ) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by suga -
        The story of Amarelli #8-founder of commercial print 20:47
        0
          アマレッリ社のリコリス博物館、館内のご紹介です。


          -gum arabic-
          イタリアにアラビアガムがお目見えした時のこと。アマレッリにも重要な出来事となりました。
          詳細は今後お取り扱いする商品と共にご説明します。



          -inventor of boiler-
          Giuseppe(ジュゼッペ・アマレッリ)も重要な人物です。彼はボイラーを発明しました。
          当時の原理は現在の製法のベースにもなっているように、この発明により工場の近代化が強力に押し進められました
          当時イタリア国内で最も早く自家用車を所有していた一人だったそうです。1917年のことです。



          -founder of commercial print-
          アマレッリの顔とも言えるキャンディー缶のデザイン。そのデザイナーもファミリーの中にいました。グラフィックの才能に長けていたPasquale(パスクワーレ・アマレッリ) は、缶のデザインを自らスケッチすると共に、そこにブランディングの概念も持ち込みました。
          その結果、彼のスケッチ(デザイン)=アマレッリと誰もが分かるほどの認知度を得ることになりました。第二次世界大戦後のことです。



          -prizes-
          受賞した数々の証が飾られています。



          -being used at famous restaurant-
          アマッリのリコリスパウダーを使用している三ツ星レストランのメニュー。



          -collaborate-
          ピレリ社とのコラボレーションで製作されたリコリスのタイヤ。17kgものリコリスペーストが使われています!



          -collaborate-
          近年では、国内の他業種とのコラボレーションによる商品も数多く発表されています。



          -inspiration from-
          アマレッリとは直接関係ありませんが、映画のタイトルにリコリスを冠したものもあります。内容が気になります^



          1月に訪れた際の資料を元に書き起こしてみましたがいかがだったでしょうか。
          ご覧いただきありがとうございました!


          ciao!

           
          | the story of Amarelli(アマレッリ) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by suga -
          | 1/4 | >>