GARDEN QUEST 〜ガーデンクエスト〜ガーデンデザイナーの愛と勇気の冒険の記録

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    Ex.123 rosa damascena 00:53
    0
       
      花の女王rose。

      先日ダマスクローズの苗がブルガリアから届きました。

      花つきを良くするためには、はじめの1年は鉢植えで育てた方が良いとのことなので超速で鉢を用意しました。


      花びらを使ったローズジャムに実を取ってローズヒップジャム・・・

      出番を待っている猫脚バスタブに花を浮かべれば妻もまた振り向いてくれるはず(笑



      バラに関する萌えなうんちくをひとつ。

      〜エジプトでは紀元前13世紀前半に初めて観賞用として栽培が開始された。特に女王クレオパトラは、バラをこよなく愛した人物として知られている。有名な話として、宮殿で宴会が開かれる際、招待客を迎えるためバラの花びらを30cmも積み上げ、自らもその香りを楽しんでいた。また愛する人のため船をバラで埋め尽くし、船の帆にバラの香りを染み込ませ相手に届けたとされる。〜

      さ、30cm・・・。ふ、船を埋め尽くし・・・? パねぇ!

      ふっ、パトラさん、まさにbed of rosesじゃねーすか。











      と、はしゃぐ私のことは全くお構いなしに、バラの鉢は去年生まれた4匹の猫たちのトイレになりかけてしまったのであわてて網をかぶせました。

      右上の白×黒はレオ♂です。

      ダマスクローズの苗はヨーグルトサン商事有限会社さんで取り扱っていらっしゃいます。

      確か10株からの申し込みになっているので、ご近所や友人同士で注文するのも良さそうですね。





      なぜかバラのことを考えていたらピースフルな気持ちになりました。

      やっぱり特別な花です。

      それでこの国はまだ特別な国でいたいのでしょうか。






      世界を股にかけて生きている人だから当たり前といえば当たり前だけど、こういう歌詞が書けるのってすげー抽象度高いよね。
      さすがjon。



      にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へ
      にほんブログ村
      | HERBS | comments(0) | trackbacks(0) | posted by suga -
      スポンサーサイト 00:53
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
        << NEW | TOP | OLD>>