GARDEN QUEST 〜ガーデンクエスト〜ガーデンデザイナーの愛と勇気の冒険の記録

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    Ex.148 use rain! 00:05
    0
      今日はいいお天気でした。

      梅雨なのに水無月、暦のマジックですね。
      水月(田んぼに水を張る月)という説もあるようです。

      この季節は鉢の水やりをサボれるのが嬉しいです(笑

      水やりって意外とたくさんの水を使うんですよね。
      ここ数年は、娘のために庭に出したプールに溜まった水を使えることに気付き、ちょいエコおやじを気取っていますw

      どうせならおしゃれなものに溜めたいと思っていました。
      この雨水を溜めるためのタンク、ずいぶん前からあるのをご存知ですか?

      専門に扱っていらっしゃる業者さんがわが相模原にございます。

      シップスレインワールド株式会社

      商品はページ右側、「雨水タンク豊富なラインナップ!!」からご覧になれます。


      雨水の利用についてもっと知りたい!ということで先日、こちらにお邪魔してきました。
      聞けば聞くほどに奥の深い現代の雨水利用事情、とても勉強になりました。

      そして、さらに嬉しいことに、なんとなんと弊社でもこちらの雨水タンクを取り扱わせていただくことになりました!

      というわけで、弊社でもご相談はもちろん、雨水タンクを取り入れたお庭の設計や設置工事を承ります。

      タンク本体は、助成金の対象にもなっているので、実質5〜10万円程度(設置作業代込)で設置ができるようになっています。
      (助成金の詳細は各自治体でご確認できます。また、これより安く設置することも可能です)

      DIYで取り付けることもできますよ!

      商品倉庫にお邪魔する前の私のおススメはラプリュ↓














      と樽王だったのですが、実物を見たら樽王の方が良かったです。















      樽王 

      樽、追うw

      この存在感。蒸留所での仕事を終えた後もまだまだ働いてくれます。

      ドングリから200歳になったオークから作られているんですよ。
      成熟した樹は二酸化炭素の吸収が減るので、吸収が旺盛な次の世代の若木のためにも、樹木資源の有効利用と言えます。

      樽の上にはniceな鉢を置いてデコレーションしませう。

      やはりこちらは人気商品とのこと。
      穴からウィスキーのいい香りが残ってました。
      突発的に飲みたくなりますw

      お!いいことを思いつきました。
      うん、綺麗だ。
      社長に相談してみよう!
















      運が良ければこんなかっこいい刻印が入ったものに出会えるかも。
      スカーーッチ!!ですね。
      この手は滅多に来ないそうです。
      wow! lucky!















      経堂駅。

      世田谷区は行政が積極的に雨水利用を進めているそうです。

      えらい!














      また、こちらの社長さんは先日発刊された椎名誠さんの「水惑星の旅」にも紹介されています。
      私も読みました。
      水の国日本では、水のありがたみを忘れがちですが、この当たり前に対する警鐘にもなっているルポルタージュです。

      本当の意味での豊かな国を作るにはやることがたくさんあります。

      本の中でも雨水利用の歴史や意義について、さらには井戸水の利用についても紹介されています。

      井戸・・今ではちょっと懐かしい響きになってる気がします。

      が!運が良ければお庭に作れるんですよ!

      地下水の調査、配管、手押しポンプの設置工事もトータルでシップスレインワールドさんでは行っています。

      弊社では、井戸、及びポンプを取り込んだお庭を設計いたします。
      ソーラーポンプを使った池にもチャレンジできます。

































      懐かしい!
      取り付け現場へ連れて行ってもらいました。
      ちゃんと地下水が出てきて感激!
      これ、世田谷ですよ!

      古井戸のあるお宅はもちろん、そうでないお宅も、敷地の中を掘って(調査費用が必要です)水が出てくればラッキー!それを利用できます。

      東京都の西部、そして神奈川県も出るところが多いそうです。
      通常2m〜ちょっとで出てくることが多いとのこと。
      そんなすぐ下に水脈があるんですね。

      専用の設備を用意すれば、トイレや洗濯などの生活用水としても利用ができます。
      上水、下水の間を取って中水と言われてます。


      今回の震災で震災大国であることを再認識させられました。
      いざという時のため、天の恵みへの意識が再び向けられています。

      ご質問等があれば先方や弊社へお気軽にお問い合わせください。


      雨水利用の関連記事はこちら
      all about japan

      弊社もガーデン実例集でお世話になっています。




      おまけ



      倉庫に置かれていたオーク樽の池



      現場から戻ったらスイレンが開いていました。
      体は水を包んでいます。
      aquaを感じる生活。いいですよね。

      メダカは酔っぱらっていなかったです。ハイw









      ビデオ#9もアップしましたよ!

      ciao!
      | 雨水をためよう! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by suga -
      スポンサーサイト 00:05
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://laimon.jugem.jp/trackback/165
        << NEW | TOP | OLD>>