GARDEN QUEST 〜ガーデンクエスト〜ガーデンデザイナーの愛と勇気の冒険の記録

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    Carta Marmorizzata -マーブル紙- 11:50
    0
       どうしても見つけたかったものパート2です。

      Carta Marmorizzata、大理石模様の紙→マーブル紙と呼ばれている17世紀頃からヨーロッパの製本技術の一つとして広まった伝統工芸です。



      由来と製法を簡単に説明すると、「油性絵の具を水面に流して軽く混ぜ、厚手の紙に吸着させるもので、この技法によって紙には波や縞の模様がついて大理石(marble)のようになる」というもので、偶然性と技術が織りなす美しい模様の数々をイタリア語学番組で見た時に「実際に見たい!」と思っていたものです。

      イタリアではフィレンツェが有名な産地になっているようですが、ヴェネツィアで運良く専門店を見つけました。

      ノート系の他にも鉛筆やペン、紙箱、トレ―・・・と様々な雑貨の装飾に使われていました。

      美しい色と模様が多すぎて決めるのにとても迷いましたが、これにしました。
      これは主なパターンの一つの「孔雀」と呼ばれるもので、お店の名前も il pavone、「孔雀」だったのは偶然だと思います(笑



      テクノロジーがまだ未熟だった頃、人々は自然の造形美を再現したり抽象化することに情熱を抱いていたと思いますが、それはそこに神性を見出していたためで、つまりはそうすることでより神に近づきたいという考え方に依るものだったように感じます。

      今後どんなにハイテク化が進んでも、その意識はいつまでも私達の遺伝子に残り続けるんだろうと思います。


      マーブル紙については、検索すると制作風景の動画や他の模様などもたくさん出てくるので、興味のある方はご覧になってみてください。

      学術、技術的な点で分かりやすく説明されていたリンクを一つ貼っておきますね。
      こちら





      ciao






      | ITALIA 2012 winter | comments(0) | trackbacks(0) | posted by suga -
      スポンサーサイト 11:50
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
        << NEW | TOP | OLD>>