GARDEN QUEST 〜ガーデンクエスト〜ガーデンデザイナーの愛と勇気の冒険の記録

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    Ex.171 レンガと塗り壁の関係 17:46
    0

      今日はレンガの写真満載です。

      の前に、やっぱり石も1つ^^











      出隅の収め方など神業です。。





      molto bella!









      では行きましょう。

      レンガと塗り壁の所に注目してください。












      bella〜♪^^























      Questo e bello anche〜♪

      水の都ですね。























      渋すぎです。





















      積み方も参考になります。
















      エクステリアの世界でも人気のアンティークタッチの雰囲気にレンガと塗り壁は欠かせません。
      ところが、意外とこのレンガと塗り壁(stucco)の関係を知らないいままこの光景を追っている方がいらっしゃいます。

      知っておいて損はないですよ!


      写真をご覧になるとわかるように、現地では躯体をレンガで積み上げて、そこに左官をしていますね。
      つまり、左官は躯体を装飾するものであり、保護するものとして使われています。

      レンガ(石)→その表面に左官
      の順です。

      そのstuccoが経年変化でところどころ剥がれた所からレンガが初めて顔を出すわけです。
      それがこの模様を作っているんですね。


      日本の住宅や商業建築、エクステリアの世界ではこれとは逆の順番で仕上げます。
      つまりモルタルやコンクリートブロックで躯体を作り、そこにスライスしたレンガを張ったり左官をします。

      写真のようなアンティーク感を出したい時には、レンガを張らないところをわざと作り、そこを左官するわけです。
      よく見られますよね。

      躯体→レンガ 躯体→左官
      同じ躯体に施します。

      そうするとレンガの方が厚みがあるので、レンガ部よりも左官部の方が引っ込んだ仕上がりになります。
      私はこの仕上がりにどうも違和感を感じてしまうのです。。
      レンガや石だけで躯体を作った場合にはこのようなことは起きませんね。

      もちろんここは地震があったりスペースに制限がある所なで、まるっきり現地と同じ方法でというのは難しいですが、ちょっとした壁や構造物の場合には、本物志向で行かれるときっと驚くような美しいものを手に入れることができると思いますよ。








      目地の幅や積み方も勝負どころでなければ結構適当です^^

      ここは補修したようですね。

      日本の職人さんは腕が良い人が多いので、適当に積んでと頼むととても嫌がられますww








      自宅の庭はこんな感じで行こうと思います。









      つまり左手のcasa bianca(白い家)は、レンガを積んだ後でこのように真っ白に左官してあるわけです。



      贅沢すぎる〜!!^^



       
















      ciao!




      | クラシカル・ネイティブ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by suga -
      Ex170 石って言ってもどんな石? 22:25
      0
        ヨーロッパテイストの家の庭に一番合う石はなんでしょう?

        私はこの手だと思います。

         








        小舗石とも呼ばれている花崗岩系の石です。


        簡単に説明すると、密度が高いので石の表面に汚れが付きにくく、耐久性が高い。

        そのためその風合いを長く楽しめることも、本場で長き渡り使われている理由だと思います。

        アナベルもよく合っていますね。






        私もこの石が好きで、駐車スペース、アプローチ・・・とどこかに使うことを必ずと言っていいほどお話しています。

        海外産の石を使う時に気を付けないといけないのは、密度が低いものの場合です。

        密度が低い=目に見えない小さな孔がある、ということで、日本で使うと湿気でカビや苔が発生する確率が高いです。

        出来あがった時にはきれいでも、一年もするとあまりウエルカムでないくすみが出てくることがあるので、石を使うときはその性質まで考慮することをお勧めします。

        というわけで、梅雨の影響を受けず、流行を問わずに使える間違いのない石、といえばこのタイプです。

        飽きの来ないしゃれたお庭が欲しいな、という方はぜひ知っておいてください。

        コンクリートだと、エアコンの排水や、雨水の集まるところからくすんでいきますよね。
        できあがった時はきれいなんですけどね。。
        使い方が重要です。

        そういえば、おしゃ楽さんで新しいシリーズの石材の取り扱いが始っています。
        大変素晴らしく、貴重な石です。
        こんな石が使えるようになったなんてすごい時代ですね。

        いしのはなしでした!




        ciao!
        | クラシカル・ネイティブ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by suga -
        Ex.169 wood fence 13:56
        0

          目隠しのウッドフェンスを作りました。

          またまたリピーターのお客様です。ありがとうございます!



          here.

          玄関を出てアプローチを渡るとお隣さんの和風の衝立が。
          とても目に付く場所なので、洋風のフェンスを設置したい。というご要望でした。
          毎日目にするところは気になりますね。

          以前設置されたラティスの腐食が進んでいたため、家の周囲のフェンスもお取り換えすることにしました。

          ホームセンターのラティスは、マンションや日当たりの良いところだと持ってくれますが、湿気のあるところだと5〜6年もするとダメになってしまうことが多いですね。
          コストパフォーマンスは良いので、うまく使ってください。



          前回の工事で作ったウッドフェンスはペンキの塗り直しをします。

          いい風合いも出ているので、そのままでも耐久性にはさほど影響ありませんが、塗り直しに悪いことはありません。
          明るくなりますしね。



          下地を作ります。
          コンクリートブロックもちょっと腐食が進んでいたので、塗り直しです。
          目地が入っていませんでした。これはアカン!!



          「作りたての時みたい!」とはお客様。

          庭は手をかければ必ず応えてくれます。と言っても皆さまお忙しいですからねww
          プロをうまく利用してください!



          張り板にはトリミングをかけるとお品が出てきますw



          after.

          これなら気分一新ですね。
          フェンスの補強を兼ねるためと、今後和室の戸袋の前にも同じようにフェンスをしつらえる時にも使えるように、柱と上部をつないでおきます。

          このつなぎの上に装飾を施した木を渡せばパーゴラにもなります。



          小物もシャビーにペイントしてさっそく取り付け。

          何を植えましょう!
           


          最後に、前回のrose farm keijiさんの記事のアクセス数がとても多かったので、わばらをもう一発。

          溢れるばら!

          PCから香りが出るようになるのはいつだ!?

          地飢えでバラを育てていても、これだけの種類の数の花を、開花時期も合わせて集めるのは大変です。
          そういう意味でも、切りバラには価値がありますね。


          秋のガーデニングシーズンの到来です。
          来春の仕込みをしませう。



          ありがとうございました。




          ciao!
          | クラシカル・ネイティブ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by suga -
          << | 2/7 | >>